超小型衛星利用開拓 北海道ワークショップ無事に終了。

北海道の豊かな自然、広域農業や漁業が盛んであるといった地域性は宇宙ビジネス創出の強力なツールです。また北海道ではリモートセンシングと呼ばれる地球観測分野の技術研究が盛んであり、これらの研究からのスピンオフビジネスは十分に考えられます。これまで北海道では2003年に「道民の力で北海道衛星『大樹』を打ち上げよう」というプロジェクトが始まり、同年にはJRタワーを宇宙とみなしたレーザー通信実験「地上の星プロジェクト」が行われました。2006年には北海道初の超小型衛星「HIT-SAT」の打ち上げに成功し、宇宙が身近になったと同時に道民に大きな夢を与えました。今や北海道の宇宙開発はフェーズIIの段階に入ろうとしています。 北海道地域の特色が活きる宇宙利用開拓、北海道での宇宙産業活性化を図り利用開拓ワークショップを開催いたします。具体的な目標として以下の事項をあげます。

本ワークショップの母体である超小型衛星戦略研究センターの取り組みは、日本に本格的な宇宙産業を創出するためのオールジャパン体制の事業です。今回、第1回目のワークショップを北海道で開催し、今年度内に北陸、東海、四国、九州と全国を縦断していきます。 近い将来に北海道から世界に向けた衛星ビジネスが開始されることを期待いたします。

USTREAMによるWeb配信を行いました。

北海道ワークショップ講演プログラム資料
一部の資料に関しては、QuickTimePlayerによる閲覧になります。

基調講演
【超小型衛星による新しいパラダイムの構築 〜内閣府最先端研究開発支援プログラムの目指すところ〜】
講演者:中須賀 真一 (東京大学 教授,超小型衛星戦略研究センター 代表)
セッション1:リモートセンシング利用と展開
テーマ    :  米・麦における衛星データ実活用事例と現状
講演者    :  (株)富士通北海道システムズ    安達  孝行
講演資料 :  PDF資料
テーマ  :  GIS・リモートセンシング技術を活用した酪農学園大学農業環境情報サービスセンターの設立
講演者  :  酪農学園大学環境システム学部 教授  金子 正美
講演資料 :  PDF資料
テーマ  :  北海道の農業分野における衛星リモートセンシングの利活用
講演者  :  北海道立総合研究機構連携推進部 安積大治
講演資料 :  PDF資料
テーマ  :  北海道衛星『大樹』搭載用ハイパースペクトルセンサの研究開発
講演者  :  北海道工業大学大学院 青柳 賢英
講演資料 :  PDF資料
テーマ  :  持続可能な水産業への衛星の利活用
講演者  :  北海道大学  教授  齊藤 誠一
講演資料 :  PDF資料
テーマ  :  超小型衛星用光学センサの研究開発
講演者  :  北海道大学大学院理学研究院  教授  高橋 幸弘
講演資料 :  PDF資料
セッション2:超小型衛星による宇宙産業創造への取り組み
テーマ  :  株式会社アクセルスペースの取り組み
講演者  :  株式会社アクセルスペース  野尻 悠太
テーマ  :  たった2人の会社でも黒字化できた宇宙産業の魅力
講演者  :  株式会社鳥人間  久川 真吾
講演資料 :  映像資料  映像が始まり画面を左クリックすると進みます。
テーマ  :  コミュニティ衛星ビジネスモデル提案〜リモセン衛星+iPhoneアプリ〜
講演者  :  超小型衛星戦略研究センター  倉原 直美
講演資料 :  PDF資料
テーマ  :  次世代宇宙システム技術研究組合の取り組み
講演者  :  代表理事  山口 耕司
講演資料 :  PDF資料